【質問受付中!】教えて!佐藤先生 認知機能と物忘れは、別のものなのですか?

f:id:nouken:20210126160329p:plain

こんにちは、編集部Hです。認知症の専門家にお話を聞くこのコーナー、今回も、読者の方からのご質問に回答します。東京都立産業技術大学院大学で、認知症・神経心理学講座 特任教授をされている佐藤正之 先生にお話を聞いてまいりました。佐藤先生には、脳検の監修もしていただいています。

 

質問

脳検の結果は良かったのですが、物忘れが酷くなっています。認知機能と物忘れは、別のものなのですか?

(ペンネーム:ゆうさんより)

 

佐藤先生からの回答

認知機能には、記憶をはじめ、計算、言語、空間認知など、様々な能力が含まれます。もの忘れとは、そのうちの記憶の障害で、医学的には”健忘症”といいます。ちょうど、”アジア”という範囲の中に”日本”や”韓国””タイ”などの国が含まれるのと同じです。 認知症とは、記憶はもちろん、その他の認知機能の全体が低下してくる状態を表します。従って、健忘症と認知症とは異なり、健忘症とは物覚えだけが選択的に低下した状態を指します。

 

認知症に関する疑問、不安なことなど、あなたも佐藤先生にきいてみませんか?

↓佐藤先生への質問はこちら↓ お気軽にご質問ください!

docs.google.com