脳検探訪 第1回 仙台 時のかけはし

f:id:nouken:20201010171216j:plain

介護してくださる方は、認知機能に異変があった時に、すぐに気づいてくれるんだろうか。

自分が将来、高齢者住宅に住むようになった時に、身体の不調はわかりやすいけれど、見えずらい脳の変化は、そばにいる人でもなかなか気づかないかもしれません。

こんにちは、脳検通信 編集部のHです。

 

今日は、東北で初めて、『脳年齢測定器』を導入いただいた、サービス付き高齢者住宅「時のかけはし」をご紹介します。

仙台市太白区長町にある「時のかけはし」は、「第二の我が家」というコンセプトを掲げ、贅沢な共有空間とプライバシーに配慮した居住空間が人気の、サービス付き高齢者住宅です。

そこで、毎月の看護師の健康相談の時間に、簡単に認知機能の低下をチェックできる『脳年齢測定器』を導入いただきました。

f:id:nouken:20201010171301j:plain

 

写真にある通り、タブレットでその場でチェックし、すぐに結果が紙ででてくるので、「自分の脳年齢がわかるのでありがたい」「楽しい」「自分の部屋に欲しい!」との声をいただいているそうです!

嬉しい!自分の部屋にあったら、お友達のたまり場になりそうですね。

 

さらに、認知機能の低下には、週3回、40分以上の有酸素運動が対策として有効だと言われていますが、時のかけはしさんでは、楽しみながら身体を動かす企画もたくさん。

f:id:nouken:20201010171346j:plain

 

「目指せ!体操教室100回参加」という企画では、100回達成される方もたくさん。

目標をもって取組むことで、健康維持もはかどります!

 

ちなみに、脳検を監修していただいている医師の佐藤先生は、音楽大学を卒業後に医師になられたという、少し変わったご経歴をお持ちなのですが、認知症音楽療法を研究してらっしゃいます。まだまだ研究中の分野ではあるんですが、参加される方の評判がよい療法でもあります。なんと、時のかけはしでも、音楽トレーニングの時間があるそうです。

f:id:nouken:20201010171422j:plain

音楽にあわせて身体を動かすトレーニングで、夏は盆踊りなどもトレーニングに取り入れてらっしゃるとのこと。

 

入居者の方が楽しみながらトレーニングできる企画で認知機能の維持・向上の対策をとりながら、脳年齢測定器で毎月チェックするというのは、トレーニングの効果があるか可視化できて素晴らしいな~と思いました!

今回は、仙台、時のかけはしさんのご紹介でした。現場からは以上です!

 

脳検は、いつでもお申し込み可能です。ご興味を持たれた方は、こちらのページから詳しくごらんください。

 

「時のかけはし」の情報を見る

www.tokinokakehashi.com